介護服を作っていく物語♪

介護師がオリジナルの介護服を作って奮闘していく物語です(^^)

パン祭り続編(^ω^)

みなさま,こんにちは〜(´・ω・)✨

少しずつ暖かくなってきましたね♪♪

早く春にならないかな〜(。・ω・。)油断しているとインフルエンザや体調を崩してしまうので注意です!!


けど〜♪今年の僕は一味違うわよ(`・ω・´)

まだ今年になって風邪を引いてダウンしてないのです!!これ,すごいよ〜✨


2年前なんて毎年のように1月25日に体調を崩してしまい病院の点滴にお世話になっていました。


今年の体調を維持しているのは……

『湯たんぽ』です(^ω^)笑

本当に凄いです!水は再びヤカンで温めて繰り返し使えるし地球にも優しい✨


肌が弱くて乾燥してしまうので電気毛布は使っておりません。湯たんぽは僕の大切な秘密道具です♪


僕の地元では冬になると湯たんぽがスーパーから売り切れてしまうのですよ( ゚д゚)!

初めて買いに行った時は驚きました


さてさて!!

今日はパン屋さんに行った記事を書きますね☆前回のパン祭りから約束していた日時にパン屋さんに行ってきました。


仕事が終わった後に

とってもドキドキして尋ねました>_<


カラン♪カラ〜ン♪

僕「こ…こんにちは〜!!(^ω^)」

f:id:Truetears:20180301213741j:plain

年数が経っているのに写真と変わらないくらい美しい。


パン屋さん「あ!こんにちは^ ^少し席に座って待っててくれるかな〜💦」


どうやらお客様が来る様子で

パンを渡す準備中でした。


まず感動したのが僕は今まで電気が消えているパン屋さんしか見ておらず今日は電気が点いているのです✨念願の店内に入れてもらえてるのです✨この時点ですでに感動でした(*´꒳`*)


神さまありがと〜う(^○^)と思ってると


カラン♪カラ〜ン♪

お客様入店…


お客様「パン取りに来ました(^ω^)は〜い5000円。


お客様「パン楽しみにしてました(≧∀≦)は〜い7000円✨」


みんな大量にパンを買われてくのです!


 僕「………ポカ〜ン( ゚д゚)」


え!?どれだけパンを買ってるんだ?

次から次へと箱に詰まったパンをみんな笑顔で持って帰られているのが印象的でした。


少し落ち着いてからコーヒーをだしてくださいました。


僕「凄い勢いでパンが売れていきますね!1人で7000円ぶんのパンを買われて行くのを見たのは人生で初めてです。本当にこちらのパンが人気だと感じました( ゚д゚)✨」


パン屋さん「本当にパンを買ってくれる,お客様がいてくださり嬉しいです^^今は予約してもらったパンだけを広島で焼いてから田舎のパン屋まで宅配便で届けてもらい今は予約分だけ販売しております」


僕「す…すごい(^ω^)これがメンターから聞いていたリピーターってやつだ。み〜んな,お客様は幸せそうな顔でパンを買って再び来月もお願いします。」と注文して帰っている


なんだろ…商売ってよりもパン屋さんの,お客様に喜んでほしい!これが伝わってきました^^



そもそもどうしてパンを作ろうと?

きっかけがあったのですか?


いつもの0を聞いてみました


すると…パン屋さんの歴史が聞けました。


旦那さんが突然胃ガンになった時に食べたい物がある?と聞いたら「美味しいパンが食べたい…」


これを聞いてから「旦那さんに美味しいパンを食べさせてあげたい!」この気持ちからパン屋さんができるまでの最初でした。


旦那さんに作っていく中でパンの魅力をどんどん知っていき無添加にこだわり体に優しいパンを…人が幸せになるようなパンを目指して情熱的に研究されたみたいでした^^


そして旦那さんの病状も落ち着いて旦那さんの夢だったログハウスを完成させました。

f:id:Truetears:20180301232121j:plain

旦那さんはコーヒーが大好きだったみたいで焙煎にもこだわりカフェを奥さんはパンを焼いて販売していたみたいでした。


テレビにも取材されて人気も増していき幸せな日々だったが


ログハウスを建てて2年後に旦那さんが他界されました。その数年後にパンさんの年齢もあり,きりがよかったみたいでパン屋さんを閉店して広島へ今は息子さんと暮らしておられます。


旦那さんとパン屋をしていた時の常連のお客様から注文が入ってるので今も大好きなパンを広島で焼いてパン屋に来て販売されてるみたいでした^^


なんだか聞いているとドラマのようなストーリーで僕も感動していました。



そこから娘さんの話しを聞いたりと介護の相談を聞いたり。着物リメイクがしたい夢や介護服を作りたい夢も話してみると緊張していた空気から穏やかな空気に変わっていました^^


パン屋さんは77歳みたいでした。本当に若くて可愛らしい方なのです^^


このパン屋は旦那さんとの思い出がある本当に大切な場所な事も伝わりました。

僕も本当に素敵なパン屋さんでログハウスも魅力的ですが強制は絶対にしない事やパンのお話しも心の底から聞きたかった事も素直に話しました^^


お茶を飲みながら笑いあっていると…

パン屋さん「こんな夢を持った素敵なお兄ちゃんが私のパン屋を尋ねてくれて嬉しいです^^よければ岡山に土地を持っているんだがいりませんか?」



僕「えぇぇ( ゚д゚)!」

岡山…??大山が近い場所にあり。初めはログハウスを建てようと土地を買ったみたいでしたが若い方でないと住んではアカン言われたらしく土地ほど残っているみたいでした。


突然すぎで考えさせてくださいと言いました(笑)なんで岡山なんだろ〜

これはメンターに報告せねば(≧∇≦)


最後に何故か最後の常連のお客様とも仲良くなってしまいパン屋さんと3人でお茶を飲み,お客様から「ここのパン最高だから(≧∇≦)」とパンを貰う流れに(笑)

f:id:Truetears:20180301223352j:plain

本当にモチモチで美味しくて感動しました!



……金の食パン(´・ω・)

僕は伝説のパンを食べたぞ(笑)


美味しすぎたので僕も3月のパンを注文してまた会える事に✨縁を大切にしたいです(・∀・)


メンターから作ってもらった名刺を初めてパン屋さんに渡しました。

まだ字が綺麗でないですが…心を込めてかきました。


1番最初に渡す名刺がパン屋さんです^ ^と伝えると,心の底からパン屋さんが「私が1番最初で良いの?嬉しいわ」(*^^*)と照れておられたのが印象的でした。


類は友を呼ぶ。

僕の出会ってる方は一流ばかり!!

楽しく過ごしたいです(・∀・)✨

また更新しますね♪