介護服を作っていく物語♪

介護師がオリジナルの介護服を作って奮闘していく物語です(^^)

ミサンガ祭りから(∩・∀・)∩

今晩は(∩・∀・)∩おはようございます。

tearsの日常を今日も書いていきます✨


いやぁ〜最近バタバタしていて

ブログが更新できておりませんでした(涙)


たくさんの事が起きておりますので!!

紹介してまいります(∩・∀・)∩

まず…地元のイベントが無事に終わりました!
ミサンガ班で頑張りましたよ〜😆✨


子供達に上手に教える事ができるかな〜と💦
始まるまでかなり緊張していました(笑)

いざイベントが始まってみると,やはりミサンガ作るのは女の子が多いですね^^

初め担当したのが小学四年生の女の子でした
毛糸を選ぶ時から「どれにしよ〜🦆✨」
と楽しんでいたのが印象的でした♪


やはり子供達それぞれ色の個性が現れますね🤔
とても興味深い場面でした♪

僕が担当させてもらった女の子がとにかく器用な手先で昆布結びも簡単にされるのです🤣


僕の100倍器用ですね(笑)


こつが分かってくると,蟹を食べていくように夢中に時間を忘れてみんな作っていくのです♡


ミサンガ作りの1番の最年少が3歳の子でした♪
ミサンガメンバーで一緒に作り3歳の女の子も作品ができていくのが嬉しいようで✨

笑顔で真剣にされるのが印象的でしたね〜🌻

f:id:Truetears:20190311001559j:plain


やっぱりメンターも言われる「素直な子」
これは本当に成長が早いと感じました。

何度も上手くいかない女の子がいました。
なんとかできるように,あの手,この手でtearsも説明していくも子供の人数が多く回っているとまたほどけてしまう。これが3回続いてしまい僕が途中まで編んでいたミサンガで作ってみる?

と渡してみると…「私は緑色が大好きだから😊私が選んだ色で最後まで頑張りたいです🌻」
との回答がありました。

この女の子の言葉には心が震えました。
「よっしゃ〜!一緒に頑張ろう😆✨」

と時間はかかりましたが無事に自分オリジナルの世界に1つの緑色のミサンガが完成して喜んでいました✨

本当に心の底から僕も嬉しかったです✨
(∩・∀・)∩


男の子もミサンガを作る子はいます!
やはりスポーツみたいに早くはいきません。

失敗してイライラしてるのも分かります😄
僕も最初そうだったな〜と感じていました。

男の子が「うまくできない!!どうやったら早く編めるようになるの〜!!」と諦め状態で聞いてきたので…


tears「最後まで諦めない事です😄✨」
「絶対大丈夫だから!諦めず一緒にやろう!」


自分で言いながら…いい事言うな〜tears(^。^)笑


メンターからも鑑定の相談時には
「諦めたらできなくなるよ〜」「諦めたらそこで試合終了って安西先生も言ってたが〜^^」

こちらの言葉を言ってもらってました。


メンターも漫画のスラムダンク読まれてたのですか〜!?(゚ロ゚ノ)ノ✨この会話懐かしいです(笑)


僕も言ってもらってたな〜と思いだしました。


イベント会場のカメラ撮影班がおられるのですがミサンガを一生懸命作っている姿をとってください!!


となぜかtearsが熱くカメラマンを呼ぶのでした(笑)まるで教え子かのように🤣

ミサンガ作りも途中投げは絶対にせずにミサンガを腕に巻いてあげてバイバイしてました✨

やっぱり作るのが苦手な子もいますが僕も小学生の時に先生に「できない子」と見下され相手にしてもらえなくなる悲しい過去もあるので

絶対に諦めたくない!!塾で教えてもらってたあの暖かい先生のように😄✨

心だけは120%で褒めながら一緒に完成しました。やっぱできるできないでなくて本当にやる気なんだな〜これで先生達の気持ちも変わっていくと考えさせられました。

ありがとう〜気づかせてくれて
可愛い子供達よ〜(∩・∀・)∩


あっ!!そいえばtearsは昔は子供がとにかく苦手でした。なんか…子供好きになってる?

メンターとの付き合いからこちらも
変化が訪れておりました^^

他にも食べ物屋さんだったり
おばけ屋敷も大人気で驚きました✨
子供の大行列なのです!なかなか怖いですよ〜
暗い中をライト一本で進みますので👻


夜のライブでも星野源さんの「恋」
こちらの曲が流れると人気は健在で
子供達が舞台前で踊るのです✨
いやぁ〜すごい可愛いくて上手でした(*•ω•*人)


なんだかんだで17時〜21時までのイベントも事故なく終わりました。

いやぁ〜ミサンガを子供と一緒に作っている写真が欲しかったな〜🤣

それだけが心残りです(笑)
思い出になったし!まっいっか🌻✨


次回撮影さんから写真もらう予定です✨