介護服を作っていく物語♪

介護師がオリジナルの介護服を作って奮闘していく物語です(^^)

院内学級に通う子供のために・・・

みなささま、こんちは(^^)

今日もブログを書きまーす♪♪良いことがたくさんありました。

 

今日は倉敷に行ってきました!!

も~出発してから晴天で気持ちの良い日でした(≧▽≦)

 

きっと僕の事なんで、曇りでも晴れ!と言うだろうし(笑)

雨が降ったとしても田んぼに水がいるよな~大事よ~(´・ω・`)

とマイナスにはきっとならないはずです(笑)

 

メンターに会っていない時だと・・・

「なんで僕が出かける時に雨が降るんだ!くそ~( ゚Д゚)」

と、一人で空に向かって怒っていたのが想像できます。笑

 

今日の倉敷には友人と二人で行きました

倉敷に到着してから京都から観光バスも来ておりました(*'ω'*)

 


少し前の事になりますが第三回目の倉敷に冒険しに行ったある日・・・

店の外装も店内もすっごくオシャレなのに客がいないんです。

 

不思議だな~と考えてると数分で店内から帰りたいと感じてしまいました

コーヒーの味が不味い訳でもないのに、なんかマスターに違和感があるような…席にいたくないのです(;'∀')

 

人気なカフェに最近入ることが多い中なぜ?人気がないのか?考えても

しっくりする答えはでませんでした。

 

メンターに相談すると、しっくりする答えを教えていただきました

マスターの自愛・慈愛の部分でした。詳しくはカットします☆

 

やはり人気な店はマスターに魅力があるのが間違いない気がします。リピーターが大切ですもんね^^


もっと人気な店を分析,研究したいです

 

話は戻り今日の倉敷の話です♪

美観地区を歩いているとチラシを配っている女性から一枚貰いました。

チラシには大学の卒業制作を美術館二階に展示しています(^^)

と内容でした。

 

 

なぜか気になり帰りに寄る事に決めました。

今回、美観地区に来たのはデニムの知識が学びたくのボランティアをさせてもらえないか?


店内の社長さんに交渉しに来たのでした。

 

昼食も済ませて店内に・・・

僕「こんにちは~(^o^)」

 

店内「いらっしゃいませ」( ^^) _U~~

 

・・・・社長さんがいない??( ゚Д゚)

どうやら社長さんは今日は工場で制作をされていて不在でした。

 

ただでは帰りたくないんで(´;ω;`)ウゥゥ

イケメンの店員さんと話していると今年の二月に店内に入ったばかりでデニムに惚れて頑張っていることが伝わりました。着物リメイクについて僕も話していると、とても驚かれて社長さんも情熱がある方できっと気にってくれると思いますよ(^^)

 

よければ時間がある時に掛けてみてください。

と会社の電話番号を入手しました(*'ω'*)

 

もう一人若い店員さんがおられて社長さんの息子さんでした(笑)

次につながるステップにしたいです

 

帰りに美術館の二階に足を運ぶと

川崎医療福祉大学デザイン学科」

の卒業制作展だったのです。

 

ワクワクして入ってみました(≧▽≦)

たくさん展示されている中で僕の足が止まったのが「院内学級に通う子供たちのための環境ずくり」に制作されていた制服でした。

f:id:Truetears:20180305010852j:plain

 

日中に病院着で過ごしている児童さんがそのままの授業もされてるのを見て、制服があればメリハリがついて児童さんも楽しく集中して楽しい変化が生まれるのでは?と考えなら制作された内容が展示されておりました。

 

f:id:Truetears:20180305010930j:plain

僕の介護服と似ている点がいくつかありました。

着やすくて体に負担がない服を・・そしてオシャレに過ごしてほしい。

f:id:Truetears:20180305011058j:plain

f:id:Truetears:20180305011025j:plain


f:id:Truetears:20180305011145j:plain 

ただ制作されてるのではなくマジックテープなど上手に考えておられ

見ていて感動と嬉しい気持ちになっていました(^o^)

 

12作品ある中で1番でした。

そこで写真を撮らせてもらえないか?近くにいた女性の大学生さんに声をかけてみました

 


僕「すいません(^^)展示されている作品を撮っても大丈夫ですか?」

 

女性「え…え~と><作品にもよるのですが、どちらの作品が気に入られましたか?(^^)」

 

僕「院内学級の制服なんですが!あれはセンスありますね~感動しました(^^)ぜひ撮影したいんですが・・・」

 

女性「えぇぇ!えぇぇええぇ」

とても驚かれていました。

 

不思議な事にその一人の女性が制服をデザインされていた方でした(笑)

 

かなり喜んでおられたのが伝わりました^^


僕もこんなことあるのかな?と少し驚き

制服について話を聞くと初めは介護服を作ろうと考えていたが、院内学級を見てから制服に変わったみたいでした。僕も介護服を作っていた時のの洋裁の難しさ、自分が思っているものと相手が欲しいものは違っていた経験話をすると

 

「そうなんですよ!!」(><)

と女性が納得して輝いていたのが印象的でした(^^)私も本当に良い経験させてもらいました

 

これはやってきた方に分かる気ずきでした(笑)制作する中で相手の話を聞くことの大切さを話し合いました。


こんなキラキラされて愛がある方と制作できたら素敵だなーと感じました(・∀・)

 

良い思い出、勉強になりました☆

 

帰りにイールドに寄って新作の作品を見ながら,最近のログハウスの話をすると、お兄さんが「本当に行動力が爆発的にあるよね~!すごいよ(≧∇≦)」と応援してくださいました。

 

やっぱり素敵なお兄さんです(竹内さん)

竹内さんのデザインされている服を購入して帰りました♪


最近 ,仕事を覚える事についていけず不器用なりにやってます。粘りずよく頑張ります(^^)