介護服を作っていく物語♪

介護師がオリジナルの介護服を作って奮闘していく物語です(^^)

インドの♪インドの〜♪カレー屋さん(笑)

こんにちは^^

2日間介護の研修に行ってました!!

無事に自宅に到着できました☆


やっぱ故郷と自分の部屋は最高ですの〜


研修は濃厚な2日間だった気がします(笑)

そちらをブログにします〜(≧∀≦)


研修は認知症についての勉強会でした。

グループワークで歳上の女性の方達と意見交換が少し笑えました♪今の小学生は『認知症』の言葉は知っているが,どんな病気?どんな対応をしたら良いかは知らないよね〜と話になりました。


僕の子供の頃はまだ『痴呆』と呼ばれていた時代で『認知症』に言葉が変わってから介護職だけでなく世間にも定着してきています。CMでも,ちびまる子ちゃんが物忘れが多くて不安なら病院へ〜(*´∀`*)と言ってたりメディアでも取り上げてもらえてますよね〜


グループの会話の中で子供達は認知症の人に対してきっと『同じ話を繰り返さないで!』『怖い〜』『嫌だぁ(>_<)』など,よくない言葉を言ってしまいそう…


と聞いてた時に…な〜んか…僕の中で

心の中で引っかかりがありました。


よく…ない??確かに言葉はよくないが…

子供って素直なだけなんだよな〜介護の世界では認知症の方を大切に!!

が強すぎる気が僕には感じます。


病気だからあれもダメ。これもダメ。

認知症だから!ではなくて


同じ生きてる人間として対等な存在なんだよな〜子供達の方は認知症だぁ!とか差別なく普通の1人の人間として接してるだけなのでは?


それが,よくない?自分の中で少し考えてしまいました。しっかりした答えはまだ出ていません。


さてさて夜には広島の街を探検しました!

田舎に住んでるので街は慣れないですね(>_<)経験♪経験♪


夜ご飯を食べようと店を選んでましたが

不思議でした。ど〜も足が店に入らないのです(笑)意味が分からないかもですがピンと来ずに30分以上夕飯を食べたい場所を探していました。


お好み焼きが大好きなので(≧∀≦)

お好み焼きに行こうとするんだが…なぜか入るのに躊躇する自分が…笑



ここじゃない??

そんな感じがしていました。


道も迷いながらもそうだ!

八昌に行こ〜う(*´∀`*)と有名なお好み焼きにそれでも行こうとする自分。


八昌に着いたらお客様の行列が…涙

あぁ!もぅ分かったよ!お好み焼きは行かないよ神様〜(>_<)笑



すると…あれ…なんか気になる店を近くに発見。それはインドのカレー屋さんでした。窓越しからお客様はいない様子。そして日本の女性の方がカレーを作ってるのが見えました。インドカレーを日本の方が作ってる?面白い!!入ろうじゃ〜ん(笑)


その時の直感で素直に入りました(*´∀`*)


ここから楽しく書けたらと思います(笑)


カラン♪カラン♪

『今晩は〜(*´∀`*)1名ですが良いですか〜♪』


インドさん『今晩は(≧∀≦)どうぞ〜!!』


あったかな印象を感じました。

ここは!良い店だ!と直感で感じました☆


インド人の方が経営しているカレー屋さんは何軒か行った事があるが…それとは違うカフェのようなオシャレな空間でした。


心から感動してから『お洒落な内装ですね〜(*´∀`*)なんか落ちつきますね〜♪』


インドさん『内装褒めてくださるの嬉しいです〜!お店を作る時に内装こだわって作ったんですよ〜(≧∀≦)♡』


やっぱりインド料理が好きでお店を始められたんですか?(*´∀`*)


インドさん『はい!!インドもインド人もインドカレーも大好きで仕方ないんです(*´∀`*)』


そこからインドの愛を2時間盛り上がって聞くのであった…笑



メンターからも,どうしてこの仕事についたのか?ゼロをしっかり聞いてみるように,相手の話を早合点せずに確認しながらとアドバイスを頂いてから,この人だぁ!と直感で感じる人には聞くようにしています


インドさんには直感で聞かなきゃ!となっていました。誰かに雰囲気が似ているな〜…あ!地元でゲストハウスを教えてくださった仲の良いスウェーデンさんに似ている(*´∀`*)笑


話は戻り,0を聞いてみると♪そもそもインドさんの父親が飲食店を経営しており,飲食店の大変さ難しい客の姿や仕事人間の父親を子供の頃から見ていて絶対にしたくなかったそうです。


若い頃にバックパッカー昔からインドと縁があると感じていたそうでした。インドに初めて行った時に魅力的で世界で1番大好きな国になったみたいです(笑)



なぜですか?(*´∀`*)

『だって!!インド人てすっごく!オープンなんだよ(笑)嫌な事は嫌だぁ!と言ったり好きな物は好きだぁ!!と子供のように感動したり人間の魅力も感じたんよ〜』



素敵な話ですね(*´∀`*)

やっぱりカレー屋さんするまでにどこかで修行もされたのですか?


インドさん→修行はしてないかな〜?けれど広島でインド人のカレー屋さんで楽しく働いてた時があるよ〜(≧∀≦)♡もぅこんな感じで〜…



話を聞いてると…インドさんそれは僕が聞く限りそれは修行です!笑。本当っに!カレー好きなんだな〜とどんどん感じていきました(笑)


最高のリアクションで聞いていると

インドさんが『あれ!?私めちゃくちゃカレーについて喋ってる(笑)お兄さん話し聞くのうますぎでしょ!!すごい!私こんなに話す事ないのに〜』と驚かれていました(*´∀`*)


話を聞く事を大切にすると嬉しい言葉をもらいました(*´∀`*)楽しいので更に聞いてました(笑)


すると修行していたインドカレー屋さんを途中で辞めてしまったとのが気になりました。なぜ辞めたのか聞いてみました


インドさんの話をまとめると

インド人のスタッフの向上心?お客様を喜んでほしい!があまり感じられず,同じ味をただ提供すればよいと考えていたみたいでした。常連のお客様も脚を運んでくれなくなり,インドさんは寂しくなり社長にこのままではお客様が来なくなるかもしれない。インド人のスタイルだけでなく日本の方に合うつまみや,ほかなインドカレー屋とは違うオリジナルな物を提案していたが…納得してもらえず気づいたら辞めてたみたいです


それから接客は好きだから雑貨屋さんで働くも,やはりカレーの情熱が爆発して,そうだ私が修行してた時に思ってたカレー屋さんをしよう!とインドカレー屋さんを作ったみたいでした(*´∀`*)


内装も友達の大工さんに作ってもらい

毎日ワクワク楽しく作って(≧∀≦)♡

毎日仲間たちと飲みに行って素敵な話しでした



インドさんの店内にはナンを焼く釜戸がありませんが


なんと!

フライパンでナンを焼かれるのです!!


パリパリでめちゃくちゃ美味しいのです!

どうやらインドの家庭でもナンを焼く釜戸はないみたいでフライパンでナンを焼いて食べてると聞いて驚きました!(≧∀≦)


インドに行かないと食べれない

ナンが日本で!食べれるなんて最高だぁ!

と興奮と感動で食べておりました!^ ^


そしてインドさんが修行していた場所は今は潰れているみたいでした。

やはり,お客様を大切にする心をもたないと…感じました。


そんなこんなで楽しい時間を過ごせました(*´∀`*)2日目の研修では介護ゼリーなど営業しに来られているフロアがあり楽しく感動して試食しているとなぜか全種類のゼリーをもらえました!笑


うーむ,これからも直感とリアクションを大切に生きていきたいです(≧∀≦)♡